クレジットカードを持ちすぎない生活に節約成功の手がかりがある

現金払いよりも気軽に商品を購入できてしまいますから、何枚も持ち歩いて多くの店舗で活用している人は少なくないはずです。

そのせいで浪費癖に苦しめられている人もいますが、逆転の発想で節約につなげることが可能です。所有すること自体は何ら問題はないのですが、一枚を残して他のものは解約してしまうのが得策です。

一枚だけに絞ったところで浪費癖が完全しないと思われがちですが、実は二つも良い効果があります。

一つ目は、利用できる場所が限られてくるので現金払いせざるを得なくなることです。財布の中身を見ると、札束や硬貨がいくつか入っています。消費活動を行うことによって、当然のことながら財布の中身は空に近づいていきます。つまり、所有する枚数が少ないほど何かを購入するときに深く考える頻度が高くなるというわけです。

もう一方で、滞納したら何かと不利になるものが多いので無計画に利用しなくなる点も挙げられます。何度も滞納すれば、会社しだいではありますが強制的に解約させられる事態に陥ります。

毎月のように利用しているものをカード払いしているなら、各種手続きに走ることになるので大変です。失敗が許されないので、一枚だけ所有する人は慎重に利用するようになります。

一枚にまとめるなら交通系のカードが日常生活でポイントが貯まってお得です。

学生ならJALカードnaviがおすすめ

大学生になったらアルバイトを始めて給料を貰ったり、何かとお金を使う機会が増えてくると思います。

しかし、今はネットショッピングを利用できれば便利な機会も多くクレジットカードが必要となってきます。

そこで、今回おすすめしたいのはJALカードnaviという学生専用のクレジットカードです。

JALカードとは利用するたびに日本航空のマイレージポイントが貯まるというクレジットカードなのですが、このJALカードnaviは通常のJALカードと比べてマイルが貯まりやすいことが特徴のひとつです。

通常は、¥200のお買い物ごとに1マイル貯まるのですが、このカードは¥100で1マイルと、なんと2倍ものマイル換算率なのです。

また、大学生にもなると飛行機を使った旅行も多くなるのではないでしょうか。

そんな旅行の際にもこのJALカードnaviは力を発揮してくれます。
通常は飛行機の区間分マイルしかもらえないのですが、このJALカードnaviを使用した場合だけ、初回には1000マイルがついてきます。さらに、搭乗区間の10パーセントにあたるマイルも追加で換算されるという驚異のマイル換算率です。

これはJALカードのゴールドカードと同等以上の特典でもありますので非常におすすめです。

ぜひ、学生のみなさんはJALカードnaviで素敵なキャンパスライフを過ごしてみてください。

予想以上だったビューカードスイカ

私はJRの在来線で通勤していますが、毎月の定期代は一万円を超えます。一番お得な半年分の定期券でも、五万円以上はします。するとある時、会社の先輩がアドバイスをしてくれました。

それは、「ビューカードスイカなら、通勤の定期券をクレジットで購入するだけで十分に元は取れるよ」というものでした。つまり、そのカードの年会費は540円ですが、定期代購入だけでその数倍ものポイントがもらえるということです。もちろん貯まったポイントで提携ショップで買い物もできますし、電車や路線バスなどの交通費としても、非常にお得に使えます。

このビューカードスイカを実際に使ってみて、私は本当に大きなメリットを実感しました。それで、「どうしてもっと早くから使わなかったのか」と後悔したほどです。こんな後悔を他の人にはさせたくないので、今度は私が後輩たちに積極的にビューカードスイカを教えてあげています。

ただしクレジットカードである以上は、自分の身の丈に合った使い方をしなければなりません。ショッピング枠もキャッシング枠も、使い過ぎは禁物です。ですから新卒の若い社員などに対しては、クレジットカードのデメリットの側面も教えてあげています。

いずれにしてもビューカードスイカは、私にとっては予想以上の素晴らしいカードでした。

阪急電車の定期を楽天カードで

わたしは通勤定期を楽天カードで購入しています。もともと、楽天カードにクレジットカードをまとめていて、ポイントをいかにうまくためることができるか考えていました。

特に通勤の定期代となれば、6か月となり、非常に大きな金額になるため、非常にありがたいことです。もちろん、会社に対してはもともと決められた通勤手当があるのでどのような購入形態であれ、一切問題もありません。

もちろん、阪急電車の定期はPITAPAにしておいて、通勤区間外でも移動的に交通費が引き落とされるようにしています。これを6か月の定期期間が終わると同時に再度、楽天カードで継続していくことになるわけです。

ポイントを有効にためていくにはこれだけの大きな金額ですからありがたい限りです。もちろん、今は子供の通学定期に関しても同じようにわたしの楽天カードで阪急電車の定期を購入しています。こちらは別に補助があるわけではありませんがせっかく投資をするのであれば、楽天ピントで還元されるようなことでもないともったいないといえます。

今の出費の中では短髪で一番多いのが何と言っても定期代になりますのでこれからも有効に活用していきたいと家内ともいつも話している次第です。

定期券をクレジットカードで購入

30歳の主婦です。
仕事はショッピングモールでサービスカウンター業務をしています。
職場は少し遠くて電車通勤をしているため、毎月定期券を購入しています。

私が利用している電車は東海道線です。働き始めて最初は週に2日程しか出勤していなかったため、その都度切符を買って定期券は購入していませんでした。

しかし、仕事に慣れてくると週5日に出勤が増え、毎日切符を買うのが面倒になり定期券を利用することにしました。その定期券も最初は現金で支払いをしていました。今まで切符などを買う時に現金でしか支払いをしたことがなかったからです。

そんな時に主人に、クレジットカードで定期券を購入できるからそのほうがお得だよと教わりました。主人はクレジットカードを使うことが趣味のような人です。

別に現金を持っていないわけではないのですが、クレジットカードを使えるお店などでは絶対に使います。私はあまり使ったことはないのですが、1枚だけVISAカードを持っています。

あまりにも主人が薦めてくるので、先日定期券をそのVISAクレジットカードで購入しました。利用した料金によってポイントが付くのはお得だと思います。

交通費だけで毎月2万円程かかっているので、もっと早くからカードで定期を購入していればポイントがたくさん付いたのに、今までもったいないことをしたなと思いました。

仕事を続ける限り、これからもクレジットカードで定期券を購入していきたいです。

生活を便利にしてくれるもの

現在は、大変便利な世の中になりました。ネットを使えば、家に居ながら買物ができますし、お仕事もネットを使って自宅でできたりします。お掃除だって、機械が勝手に行ってくれますよね。ありがたい時代なのです。

生活を便利にしてくれるものが身の回りにたくさんありますが、お金に関して便利だと感じるのが、クレジットカードです。現金が無くても、サインひとつで買物や各種の支払いに使えます。普段当たり前のように使用していますが、考えてみれば大変生活を便利にしてくれています。

例えばセール期間のお買物です。偶然見つけたセール価格の洋服。どうしても欲しくなることは良くある話です。しかし現金の持ち合わせがない場合、早く購入しないと売り切れてしまいそうな予感がします。

そんな時、クレジットカードがあれば手間なくその場で購入できます。お取り置きしてもらい、近くのキャッシュコーナーに走る必要はありません。あるいは、翌日にお金を持参して再度お店を訪ねると言った手間は必要ありません。

あるいは食事の際の支払いなどでも活躍します。仲間との会食で奢った場合、クレジットカードで支払いを済ませれば、スマートな会計に役立ちます。

クレジットカードは現金に変わるものとして、上手に使えば大変生活を便利にしてくれるのです。